Kyoiku

教育方針

プロセスに焦点を当てたカリキュラム

子供たちが内なる答えと向き合い、自己表現や成長の過程を楽しめるようにお手伝いいたします。単なる受け身ではなく、主体的な学びと創造的な表現の追求を大切にしています。自己肯定感と能動性を育むための創造的なカリキュラムを展開し、主体的な学びの姿勢を身に付けます。抽象的な作品作りを通して、多様性を認め、結果ではなくプロセスを尊重できるように導きます。

  • 子供の自己探求の旅を適切にサポート

    子供たちが自分の中にある答えと向き合い、自己表現や自己成長の旅を歩む手助けをします。単なる受け身の存在ではなく、主体的に学び、創造的な表現を追求することを大切にしています。自分の中にある答えを見つける方法は、一つの正解が用意された問題集ではなく、自己探求の旅です。内に秘めた才能や可能性を発揮し、自己の答えを見つける過程を大切にしています。

  • 自己肯定感を育む特別なカリキュラム

    子供たちの自己肯定感や能動性を育むために、クリエイティブなカリキュラムを組んでいます。創造活動は、子供たちにとって重要な成長の機会です。子供たちは自分のアイデアや才能を発揮し、自己の内に秘めた可能性を探求できます。自ら考え、自主的に行動することで、自己の意思を持ち、主体的に学ぶ姿勢を身につけることができます。学校や園生活では得られない体験をお届けします。

  • 子供たちが納得するまで待つ姿勢

    優劣がつけにくい抽象作品づくりを重視しています。結果よりもプロセスを尊重し、子供たちが熱中し、自分を表せる環境を整えています。子供たちの立場に立つことを心掛け、子供たちの成長を促すために、自分自身で考え、行動することを重視しています。強制は行わず、子供たちが自ら納得し、進んで参加するのを待ちます。自主的に取り組む姿勢を尊重し、成長をサポートしています。